虫歯と口臭の関係

虫歯と口臭の関係とは

お菓子などの糖類を多く含んだ食事や食後にすぐに磨いてしまう間違った歯磨きそして口呼吸が多くなることので口内の乾燥によって、年齢問わずに虫歯の患者が増加傾向にあります。
虫歯になると歯に穴が開くことによって歯に隠れている神経が正面に出てしまい、そこに冷たい物などの刺激物があたると神経を刺激してしまい激痛が走ります。
それだけでも虫歯になると問題なのですが、それと同様に問題となるのが口臭の問題です。
そもそも歯に穴が開くのは口内にいる有害な菌が出す酸に歯のエナメル質が溶かされることで起こるのですが、その有害な菌が出す酸が特殊な臭いをっ発するために息を吐いた時に悪臭となって口臭の問題で表面に現れることになります。
しかし逆に考えると酸がでている状態は口内の状態が悪くなっているという証拠でもあるため、胃腸が悪くないのに臭いが気になるときには虫歯が原因であるとして歯医者で初期の段階で治療をすることによって悪臭となる口臭の問題もクリアすることができます。

虫歯が口臭を引き起こす理由

虫歯を治療しないでいると口臭の原因になります。
最初は小さな穴でも放置しているとどんどん深くなり歯が溶けて発酵し、それによって口臭を引き起こしてしまいます。
虫歯菌によって硬い歯が溶かされて柔らかくなり発酵し臭いを発生させてしまうのです。
また、進行していくと菌が歯の神経を腐らせることで神経が死んでしまい、それが原因で口臭を引き起こしてしまいます。
歯の神経が腐って死んでしまうと、細菌が増殖して根の先の方に膿の袋が発生して、そこから膿が排出されて臭いを出します。
歯茎の下にまで虫歯が進行してしまうと、歯茎がブヨブヨと腫れて歯茎の周辺が不潔になりやすく出血したりします。
歯茎から出る液などで膿の不快な臭いがするようになります。
差し歯の中で虫歯ができてしまったら、治療の時に神経が抜かれていることが多いため気づきにくいものです。
差し歯が取れない場合、歯垢が発酵して臭いを発生させてしまいます。
ですので、自分の口腔内を日頃からチェックして、虫歯は早いうちに治療することが大切です。

Favorite

心斎橋で美容皮膚科を探す

Last update:2018/4/5

copyright(c) 2015 「Tooth Protect」 all rights reserved.